若菜晃子|街と山のあいだ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

若菜晃子|街と山のあいだ

残り1点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

山について書かれた本は、やはりおもしろいものです。 「人生に山があってよかった」そんな素敵なことばで締めくくられるこのエッセイは、自然の中に身をおく喜びがまっすぐに綴られています。 フリーの編集者として活躍しながら、本書のタイトルでもある「街と山のあいだ」をテーマにした冊子『murren』を出版している若菜晃子さん。山からの涼しい風のように透きとおった彼女の文章からは、生茂る緑の匂い、湿った土の感触がよみがえります。 「この地上で、自分が行ける場所、立てるピークは、人生のうちでごくごく限られている。だからこそ今の自分の居場所を客観的に眺め、自分の位置を常に確認し、自分の頭と目と足を信じて歩いていくーー」 発行:アノニマ・スタジオ 発行年:2017年 サイズ:177 × 120 mm ページ:284p