奥山由之|flowers
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

奥山由之|flowers

残り2点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

写真は気配を写すことができるのだな、と思わずにはいられません。 ここにいた人の不在がこんなにも明らかに存在している、そのことを、写し撮った写真ではないかと思います。 亡き祖母が暮らしていた家で撮影されたこの写真集は、生前の祖母のまなざしと、亡き祖母のまなざし、そして自身のまなざしが重なり、まるで静かに対話が交わされているようです。 そこには、電気コードを束ねた指の、階段を登った脚の、ゆっくり椅子をひいた腕のぬくもりがよみがえる、懐かしく淋しい光があふれています。 「ーーだからきっと、 僕らはいつだって、話を聞いてもらいたい。 だからきっとこの光は、 独りには あまりにも淋しい色をしている。」 発行:赤々舎 発行年:2021年 サイズ:261 × 216 mm ページ:152p *ポストカード付き