塩田純一|アルフレッド・ウォリス
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

塩田純一|アルフレッド・ウォリス

残り3点

¥4,950 税込

送料についてはこちら

イギリス、コーンウォールの港町で船乗りとして働き、70歳になってから絵を描きはじめたアルフレッド・ウォリス。 彼がもっとも描きたかったものは、自身の人生であり、記憶であり、過ぎ去った時間でした。そしてその中核にいつもあったものは、船でした。 とめどなく発動される想像力は、けれども外に向かって無限に広がっていくようなものではなく、過去へ遡行し、内面へと収斂していきます。 ロマンティックな情感に溢れた船の浮かぶ海景、荒海をゆく船、灯台、港町の小さな家々など、記憶の中の光景が描き込まれた絵は、現代美術のなかには見つけられない素朴な味わいに満ちています。 生活を覆い尽くすように絵を描いたウォリスのその孤独な営為は、「人が絵を描くこと」の根源的な意味を問いかけます。 発行:みすず書房 発行年:2021年 サイズ:A5判 ページ:264p