香山哲|ベルリンうわの空 ランゲシュランゲ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

香山哲|ベルリンうわの空 ランゲシュランゲ

残り3点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

ベルリンで暮らす漫画家の香山さんのコミックエッセイ第3章、今回のテーマは『ランゲシュランゲ』です。 ランゲシュランゲはドイツ語で「長いヘビ」という意味で、ドイツではヘビは行列を表します。蜘蛛の巣状に広がる人びとのネットワークを描いた前作「ウンターグルンド」に続く今作は、人間同士のつながり、流れ、その一つ一つに着目します。 いつものベルリンの暮らしはもちろん、ワルシャワやコペンハーゲンにもお出かけしながら、主人公は生活や人生について考えます。おなじみの個性的すぎる友だちや、懐かしいあの人にも再会! 自分の生活、周りの人びと、住む場所のこれからについて、つられて考えをめぐらせたくなる優しいエッセイです。 楽しい作品も今作で最終章 (さみしい…)。 けれども、生活は続きます。 発行:イーストプレス 発行年:2021年 サイズ:B6判変型 ページ:200p