若菜晃子|途上の旅
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

若菜晃子|途上の旅

残り2点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

フリーの編集者として活躍しながら、「街と山のあいだ」をテーマにした冊子『murren』を出版している若菜晃子さん。長年にわたって旅をし、そのなかで出会った自然や人、自分の内面との対話が細やかに綴られた短い文章は、彼女の見たいつかの景色を目の前に鮮やかに蘇らせます。 早朝のトランペット、チャイ売りの声、インドで拾った石… なんでもない日常がこんなにも尊い。山と自然を愛する若菜さんゆえの、地面を踏み締める逞しさと優しさを感じる随筆です。 「人間は常に自然のただなかにいる。 そしてそのことをいつも忘れてしまう。 私はそれを全身で感じるために、旅に出ているのかもしれない。」 発行:アノニマ・スタジオ 発行年:2021年 サイズ:177 × 120 mm ページ:317p