{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

山崎聡子|青い舌

残り2点

2,310円

送料についてはこちら

不穏な気配、へばりつくような湿度をまとった記憶の断片は、怖いものがいっぱいあった子どもの頃に呼び戻す。 夏の夕暮れ、プール、おまじない、鬼ごっこ。 静まり返った景色に響く遮断機の音。 絡みつく前世のような感覚は、わたしたちの視線を日常にふと存在する暗部へと着地させる。歌人・山崎聡子さん待望の第二歌集です。 西瓜食べ水瓜を食べわたくしが前世で濡らしてしまった床よ 夕暮れに六時を告げる音が鳴り昼間をすべてさらってしまう 非常階段の錆びみしみしと踏みならずいずれは死んでゆく両足で 手をほどく わたしのうちの風穴を埋めていたのはそれだったのに 発行:書肆侃侃房 発行年:2021年 サイズ:四六判 ページ:160p

セール中のアイテム